保険のハートフル
スポンサードリンク


主要ダイレクト型自動車保険を保険料・事故対応・ロードサービスで徹底比較!

自動車保険会社の保険料・ロードサービス・事故対応を比較しました

スポンサードリンク

ダイレクト型が急速に浸透した自動車保険ですが、数が多すぎてどの保険が自分に合うものか分からない方も多いと思います。

この記事ではダイレクト型の保険をメインに、各自動車保険にどのような特徴があるのか、強みは何なのかを保険料・ロードサービス・事故対応に着目して比較して解説しています。

自動車保険を選ぶ際の参考にしてください。

ソニー損保 自動車保険


実績、知名度ともに首位を走るダイレクト型自動車保険です。

保険料が年間の走行距離に比例する仕組みなので、普段車を運転しない方であれば保険料を大きく抑えられるのが特徴です。

お得なシステムはこれだけではありません。

保険料を決める際に予想年間走行距離というものを決めて、年間の走行距離がこれに収まるようにするのですが、年間の走行距離がこれより1000km以上少なかった場合に翌年の保険料がその分割引になります。

また保険契約の対象となる車両が「先進安全自動車」である場合には保険料が9%オフになる「ASV割引」も実施しています。

さらに新規契約の方であれば1万円が割引になります。

最新の自動車事情への対応が早いのもポイントです。

例えば、自動運転車両において課題となっている「不正アクセス」や「システムの誤作動」を起因とする事故に対応するため「被害者救済費用等補償特約」を新たに設けるなど、先進的な取り組みに積極的です。

事故対応はCMで売り込んでいるだけあって万全の構えです。

24時間365日いつでも受付していますし、サービス拠点は全国に9,700箇所と十分です。

事故対応は1つの事故に1人の担当が付き対応する1事故1担当制です。

さらに専門知識を持つチームが担当をサポートするので様々な事態に対処でき安心です。

保険料はやや高めですが、それに見合うだけのサポートが期待できる自動車保険です。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ9,700ヶ所
・国内の指定修理工場:およそ420ヶ所
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:ソニー損保が指定する修理工場までなら無料。自分で指定する場合は150kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:自力走行不能の場合に適用。家族の分も支払われる。限度額無し。

事故対応

・受付時間:24時間365日。休日でも平日同様に対応してくれる
・サポート体制:1事故1担当に加えてチームサポート
・示談交渉サービス:対人賠償・対物賠償・個人賠償責任特約の補償対象の事故で可能
・途中経過の報告:電話・面談・WEBサイト・メール

公式サイト
https://www.sonysonpo.co.jp/

 

セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険


損害保険ジャパン日本興亜の傘下であるセゾン自動車火災保険が提供する自動車保険です。

インターネットとコールセンターより申し込みが可能な半ダイレクト型の販売形態を採用しています。

近年、ターゲットを事故率が低い40~50代に絞り保険料を抑えることで大きく利用者を伸ばしました。

最大の特徴は契約内容を自由に設定できるところです。

対面式の販売店のように対応するスタッフのおすすめに任せるのではなく、インターネットの申し込みページで補償内容を自分で選択して決めることができます。

補償は「基本補償」と「えらべる補償」の2つの区分に分けられ、このうち「えらべる補償」は補償内容を利用者が自由に選ぶことができます。

各補償の内容と料金に関する解説も公式サイトで確認できるので、不要な補償にお金を出すことは無くなるでしょう。

保険料には珍しいルールが採用されています。

家族で運転する車を契約対象にする場合、普通は1番若い人の保険料が適用されます。

しかし「おとなの自動車保険」では運転する時間が長い者を基準に保険料が算定されます。

そのため家族を保険契約に含めた場合に他社のものに比べ保険料を抑えることが可能です。

事故対応に関しては経験豊かな専任の担当が付いて助言を貰えますし、ロードサービス拠点は全国13,000箇所と業界随一の規模です。

国内であれば旅先の車両トラブルでお手上げになることは考えられません。

さらに場合によってはALSOK隊員が駆けつけて警察や相手とのやり取りを手助けしてくれるなど、非常に安心感のあるサポート内容になっています。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ13,000ヶ所
・国内の指定修理工場:およそ610ヶ所
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:レッカー代および処置費用合わせて15万円まで支払われる(レッカーなら約300km相当)
・宿泊・帰宅費用のサポート:自力走行不能の場合に適用。目的地や自宅までの交通費を1人2万円まで補償。宿泊費用は一泊分1人1万円まで支払われる。ただし飲食代は含まれない

事故対応

・受付時間:24時間365日
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故・個人賠償責任特約の補償対象の事故で可能
・途中経過の報告:WEBサイト・メール

公式サイト
https://www.ins-saison.co.jp/

 

チューリッヒ保険会社 自動車保険

民間の機関が行った事故対応満足度調査で上位にランクインするなど、ユーザーからの評価が高い自動車保険です。

特徴は詳細で明瞭な保険料制度です。

利用者の事故リスクを6つの要素で評価するので無駄に高額の保険料を支払うことがありません。

ドライバーの年齢以外にもお住まいの地域や車の使用目的なども評価対象になるなので、年齢を理由に保険料が急激に上がることがありません。

それどころか評価の内容によっては保険料を下げることもあります。

例えば所持する免許がゴールドである場合、特別割引が適用され保険料が安くなるのです。

そのため他社より大きく保険料を抑えられる可能性がある保険と言えるでしょう。

実際に、自動車保険をチューリッヒに乗り換えた多くの方が年間1万円以上の保険料を減らすことができたと報告しています。

充実の無料ロードサービスも魅力です。

レッカーサービス100kmまで無料、ガス欠10リットルまで無料、バッテリーあがりも無料対応など旅先でよくある困り事の多くが無料で対処してもらえます。

また他社には無いサービスとして「24時間対応の台車サービス」があります。

業界一遅くまで即日対応してくれる事故サポート

ユーザーから高評価を得ている事故対応の強みは「迅速さ」。

20時までなら事故の連絡を受けてから1時間以内に専任担当者または緊急ヘルプデスクから連絡を貰うことができます。

初期対応が開始されるのも24時間以内と大変スピーディーです。初動の結果もその日のうちに聞けます。

保険の乗り換えを考えているなら候補に入れる価値は十分にあります。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ9,500ヶ所
・国内の指定修理工場:390社1,360ヶ所以上
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:100kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:24時間対応の代車サービス。旅行キャンセル費用を50,000円まで補償

事故対応

・受付時間:24時間365日。休日でも自宅に訪問して相談してくれる。
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故で可能
・途中経過の報告:電話・WEBサイト・メール

公式サイト
https://www.zurich.co.jp/

 

三井ダイレクト損保 自動車保険


三井グループが提供するダイレクト型自動車保険です。

2000年以前からダイレクト型自動車保険を販売している「三井ダイレクト損保」の商品だけあって、ポイントをおさえた保険となっています。

強みは店舗販売をする大手保険会社より大幅に安い保険料と豊富なロードサービスです。

割引サービスは「新規契約が最大10,500円引き」や「契約更新で3,000円引き」「ASV割引」など定番のものを用意しています。

運営実績を重ねるごとに事故対応の質も向上し、ユーザー数も順調に伸びています。

2年目以降は充実するサポート

この自動車保険で特徴的なのは「保険契約を継続するほど受けられるサービスが増える」ことです。

契約が2年目以降であれば年に1度だけカス欠時の10リットルの給油が無料になります。

さらに、事故で車両が走行不能になったら12時間無料でレンタカーを利用できる。

いずれのサービスも自宅から50km以上離れた場所と限定されていますが、心強いサポートです。

また、契約更新の手続きがWEBサイトから手軽にできるのもポイントです。

継続契約で受けられるサービスが増える保険ですから、更新作業の負担が軽いのは助かります。

ダイレクト型自動車保険の基礎を築き、現在もASV割引を最初に導入するなどこれまでの実績にあぐらをかかない三井ダイレクト損保。

公式サイトで簡易見積もりをすぐに出せるので、ダイレクト型保険を探す際は検討してみてください。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ3,800ヶ所
・国内の指定修理工場:2,100ヶ所
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:指定の修理工場までなら距離に関係なく無料。契約者が指定する場合は50kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:なし

事故対応

・受付時間:24時間365日
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故で可能
・途中経過の報告:WEBサイト

公式サイト
https://www.mitsui-direct.co.jp/

 

イーデザイン損保 自動車保険


2018年現在、ダイレクト型自動車保険のトップブランドとして君臨している自動車保険です。

オリコンや各種雑誌などからの評価も高く、ほとんど隙きがありません。

評価されているのは安い保険料と他には無いサービス。

特に割引サービスの種類が豊富です。

基本のインターネット契約割引で初年の保険料が1万円引きになる他、保険証券を不要とすることで500円割引、保険開始日より45日以前に申し込むことで500円引き、さらに約3年以内に型式発売された自動ブレーキの付いた車両であれば最大9%割引になります。

初年の割引だけでもこれだけ豊富な割引特典を受けられる自動車保険は滅多にないでしょう。

2年目以降の割引で注目なのは、1年間無事故だった場合に翌年の保険料が2%オフになる「無事故割引」です。

安全運転をする動機にもなります。

プロフェッショナルの迅速対応が自慢の事故対応

事故対応では専任の担当を各分野のプロフェッショナルがサポートする体制を採用しています。

対応も迅速で、平日の9時から18時の間に受けたら連絡には原則当日に返答してくれます。

現場急行サービスで来てくれるのはセコムです。もちろん無料で利用できます。

心配な示談交渉も代行サービスが完備されており、交渉を任せることができます。

さらに専門の窓口が用意されていますから不安なことがあればすぐに相談できます。

販売開始から日の浅い自動車保険ですが手掛けているのは損害保険大手の東京海上グループですから信頼して問題ないでしょう。

サービス内容と保険料のバランスも含めて第一候補に上がる自動車保険です。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ9,300ヶ所
・国内の指定修理工場:1,100ヶ所
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:60kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:なし

事故対応

・受付時間:24時間365日
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故で可能
・途中経過の報告:電話・メール・WEBサイト

公式サイト
https://www.edsp.co.jp/

 

SBI損保 自動車保険

後発ながらグングン伸びているダイレクト型の自動車保険です。

最大のウリは保険料です。

オリコンの顧客満足度ランキングでも保険料が評価されることが目立ちました。

走行距離に応じた保険料制度を採用しており、今まで保険料が安かった長距離ドライバーに加えてサンデードライバーなど走行距離の短いドライバーにも安く提供できるようになりました。

割引サービスの目玉はゴールド免許割引です。なんと20%も保険料が割引になります。

事故対応は24時間365日と業界標準レベル、サービス拠点は680ヶ所。

ロードサービスに欠かせない修理工場は約1,410ヶ所で他と比べても見劣りしません。

ロードサービスは契約期間が3年を超えると一気に充実します。無料レッカー150kmに、現場復旧の作業時間が無制限、さらにキー紛失も年に1度だけ無料になります。

安価に最低限の補償を受けたいなら選択肢から外せない自動車保険です。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ3,680ヶ所
・国内の指定修理工場:1,400ヶ所
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:指定工場まで無制限で無料。契約者が指定する場合は50kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:なし

事故対応

・受付時間:24時間365日
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故で可能
・途中経過の報告:WEBサイト

公式サイト
https://www.sbisonpo.co.jp/

 

アクサダイレクト(自動車保険)


フランスに拠点のあるアクサグループが提供する直販型の自動車保険です。

ユーザーからの信頼も厚く、日本市場で確かな足場を築いています。

アクサダイレクトはなんと言っても走行距離の短いドライバーに対する保険料の安さが魅力です。

他社と比較しても圧倒的な安さと言えます。

もちろんインターネットからの契約や、ゴールド免許などの定番割引制度が用意されています。

それに加えて休日ドライバー割引などユニークな割引システムもあります。

事故対応も業界標準をクリアしており不安な点はありません。

サンデードライバーには見逃せない自動車保険です。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:およそ9,650ヶ所
・国内の指定修理工場:950ヶ所
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:指定工場まで無制限で無料。契約者が指定する場合は35kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:事故により車が6時間以上使えない場合に適用。帰宅までの交通費が支払われる。宿泊費用は最寄りの宿泊施設の客室料金のみ支払われる。ペットホテルを利用した場合は宿泊費用が支払われる。

事故対応

・受付時間:24時間365日
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故で可能
・途中経過の報告:WEBサイト

公式サイト
https://www.axa-direct.co.jp/

 

セコム損保 セコム安心マイカー保険

抜群の知名度を誇る警備会社「セコム」が手掛けるダイレクト型自動車保険です。

最大のアピールポイントは実績あるセコムの緊急対処員が24時間365日、日本全国どこにでも駆けつけるサポート体制でしょう。

このサポートが全てのプランで利用できます。

また、事故対応や賠償金の交渉まで全て代行してくれるので大変安心感があります。

ロードサービスもレッカーが100km無料、車両トラブルが30分以内の処置が無料など業界の標準を十分満たしています。

料金よりも事故対応を重視するなら考慮したい自動車保険です。

ロードサービス

・国内のサービス拠点:非公開
・国内の指定修理工場:非公開
・パンクなどの車のトラブル対応:可能
・レッカーサポート:指定工場100kmまで無料。JAF会員なら115kmまで無料
・宿泊・帰宅費用のサポート:なし

事故対応

・受付時間:24時間365日
・サポート体制:1事故1担当
・示談交渉サービス:対人賠償事故・対物賠償事故で可能
・途中経過の報告:電話・面談

公式サイト
https://www.secom-sonpo.co.jp/

 


ライター名:田中フミヒロ
プロフィール:大学時代にバイクで飲酒運転の軽トラックと衝突してから自動車保険の大切さに気づき、コスパの高い保険を日夜探している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です