保険のハートフル

持病や既往症がある場合の生命保険の選び方とは?

持病や既往症があっても加入しやすい生命保険が増えている

持病 既往症 生命保険

持病や既往症があるために、生命保険に入るのを諦めていませんか?

確かに入院や手術の経験があったり、糖尿病や高血圧性疾患の治療中だったりすると、生命保険に加入するのは難しいイメージがあります。

しかしながら、最近では持病や既往症があっても加入しやすい生命保険は増えてきているのです。

 

持病や既往症があっても加入できる生命保険の種類

持病 既往症 生命保険

では、持病や既往症があっても加入できる生命保険には、いったいどんなものがあるのでしょうか。

代表的なものとしては、以下の3つのタイプの生命保険が考えられます。

 

無告知型・無選択型の生命保険

持病 既往症 生命保険

無告知型・無選択型の生命保険であれば、通常の保険では必要となる、健康告知や医師の診査が必要ありません。

つまり、原則的に健康状態とは関係なく加入が可能なのです。

持病や既往症がある場合には選択肢のひとつとなる生命保険ではありますが、保険会社としてもリスクの高い商品であるため、保障には厳しい条件が設定されていて、保険料も高いのが特徴です。

このため、加入を検討する場合には特に注意が必要な生命保険となります。

 

引受基準緩和型・限定告知型の生命保険

持病 既往症 生命保険

健康状態が無告知型・無選択型の生命保険に加入しなければならないほど深刻でないのなら、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険が検討できます。

このような保険は、健康告知や医師の診査が必要ではあるものの、通常の保険と比較すると引受基準が厳しくありません。

また、万が一持病や既往症が悪化や再発しても、保障の対象となるので安心です。

ただし、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険は、基本的に加入から1年間は保証が半額になってしまうことは覚えておきましょう。

また、無告知型・無選択型の生命保険ほどではないものの、保険料が高めなので、注意が必要です。

 

通常の生命保険

持病 既往症 生命保険

持病や既往症があったとしても、通常の生命保険に加入できる可能性が全くないわけではありません。

もちろん健康な場合と同じように加入することは難しいですが、健康状態によっては一定の条件付きで加入できるケースがあります。

具体的には、割増保険料が必要であったり、持病や既往症にかかわる部位や疾病が保障の対象外となる場合があります。

また、特定部位・疾病不担保や、病気やけがによる保証がなかったり、あるいは少ない、削減期間というものが設定されるといった条件が考えられます。

しかしながら、たとえ条件が設定されていたとしても、安い保険料で手厚い保障を受けることができる通常の生命保険は大きなメリットとなります。

無告知型・無選択型の生命保険や、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険を検討する前に、通常の生命保険を検討してみるのは大切なことです。

 

持病や既往症がある場合の保険選びの順番

持病 既往症 生命保険

持病や既往症があるからといっても、即座に無告知型・無選択型の生命保険や引受基準緩和型・限定告知型の生命保険を検討するのはあまりお勧めできません。

生命保険に加入する際は、まず通常の生命保険に加入できないかどうかを見極めることが大切です。

例えば高血圧症の場合を例にとると、服薬をしている状態でも、最大血圧と最小血圧の値が保険会社の既定の範囲内であれば通常の生命保険に入れる可能性もあります。

ただし、これまでに触れたように、一定の条件がついたり、保険料が割高になるのは覚悟しておかなければなりません。

この上で、やはり通常の生命保険に加入できないようであれば、その時点で、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険を検討しましょう。

ただし、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険も健康告知義務はあるので、過去5年の入院や手術をはじめ、通院や服薬まで細かく告知をする必要があります。

そして、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険にも加入できない場合は、いよいよ無告知型・無選択型の生命保険の検討です。

無告知型・無選択型の生命保険は健康告知魏医務がないため、加入できないケースは稀です。

ただし、保険料はかなり割高なので、生命保険の代わりに貯金を検討したり、持病や既往症が改善してから、改めて引受基準緩和型・限定告知型の生命保険の加入を検討することも必要です。

 

複数の保険会社から加入する生命保険を検討する

持病 既往症 生命保険

これは持病や既往症がある場合の保険選びに限ったことではありませんが、生命保険に加入する際には複数の保険会社のさまざまな保険商品を比較検討しなければなりません。

通常の生命保険だけでなく、無告知型・無選択型の生命保険や、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険でも加入条件は保険会社によって微妙に異なるものです。

たとえば、ある保険会社では引受基準緩和型・限定告知型の生命保険の条件にしか当てはまらなかったものが、別の保険会社では通常の生命保険に加入できるということもないわけではありません。

特に持病や既往症がある場合には、通常の保険に加入できる場合とそうでない場合では、保険料や保障内容に大きな違いが出てきます。

このため、加入する際には少しでも条件のよい生命保険を見つけるために、複数の保険商品を比較検討することは欠かすことができません。

 

持病や既往症があるときの健康告知はありのままを

持病 既往症 生命保険

ここまでのように、持病や既往症があったとしても加入できる保険商品は存在します。

しかし、当然ことながら、通常の生命保険が加入者にとって最も条件がよいのは間違いありません。だからといって、保険に加入する際に健康状態を偽って告知することは絶対にしてはいけません。

百歩譲って、健康状態を偽ったまま生命保険に加入すること自体はできることがあるかもしれません。しかしながら、すべての保険会社は保険金を支払う際に調査を行います。

このとき、仮に持病や既往症の事実を隠していることが発覚すると、保険金を受け取ることはできず、契約も解除されてしまいます。

これでは、たとえ条件のよい生命保険に加入できたところで意味がありません。

生命保険に加入する際は、健康条件を正しく満たした商品を探すことが大切です。

 

迷ったときにはプロに相談

持病 既往症 生命保険

以上が持病や既往症がある場合の保険選びの基本となりますが、実際に最適な加入する保険を選ぶためには、この他にも多くのより細かな知識が必要となります。

そんな時はファイナンシャルプランナーや、生命保険会社の専門資格を持つ保険のプロに直接相談するとよいでしょう。

こうした専門家に相談すれば、数多くの保険の中からよりよい商品を提案してもらうこともでき、健康告知の仕方などについても詳しく相談に乗ってもらえます。

実施に相談するときには、保険ショップや訪問保険相談サービス、保険の電話相談を活用するのがおすすめです。

持病 既往症 生命保険

 


ライター名 :大隈
プロフィール:大手生保会社に1999年から2004年まで6年間勤務し、一般職から業務職に昇進、代理店営業担当しつつコンサルティングも勉強していました。保険で貯蓄ではなく、用途に応じて別々で準備すべしという考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です