保険のハートフル

【自動車保険】強制保険だけでは事故の費用を全て賄えない

自賠責保険だけでは事故に掛かる費用をすべて賄えない

自動車保険

自動車保険には大きく分けて強制保険と任意保険があります。強制保険とは、車検の時に付いて来る自賠責保険というものです。

自賠責保険では何が補償されているのかと言うと、ズバリ「相手が死傷した場合」のみです。

例えば車同士の衝突事故の場合、相手の車の修理代、自分の車の修理代、自分のケガに関しては、全て自己負担になってしまうという事です。

 

強制保険では補えない部分をカバーするのが任意保険

自動車保険

実際に事故を起こしてしまうと、本当に様々な部分で費用が掛かって来ます。ですから任意保険は必ず掛けておくことをおすすめします。

自賠責保険では相手の治療費を120万円まで、死亡だと3000万円、後遺障害だと4,000万円まで見てくれますが、これは決して高い金額ではありません。

例えば現役バリバリの一家の大黒柱であるお父さん(30歳)既婚、子持ちの方を車ではねて死亡させてしまった場合を考えてみましょう。

このお父さんが毎月30万円お給料をもらっていたとして、生きていれば定年退職60歳まであと、毎月30万円×12か月=360万円

360万円×30年=1億8千万円も稼いでいた計算になります。

自動車保険

分かりやすく単純に計算しただけでもこのような金額になりますが、そんなお父さんの命を奪ってしまったのに3000万円だけの賠償では、残された遺族の方もとても満足はしないでしょう。

こんな時に任意保険に加入していれば、対人賠償無制限で対応してもらえるので、任意保険の加入は誠に重要であると言えます。

 

任意保険に入っていれば示談交渉の代行をしてくれる

自動車保険

万が一事故を起こしてしまった場合、事故の相手と、お互い当時を振り返りながらそれぞれの過失割合を決めていく必要があります。

事故の場合、多くの方が自分の方は悪くないと思ってしまいがちです。

人間、いろんな性格の方がいらっしゃるので、穏便に済ませて早期解決を望む人もいれば、自分の方の主張を通して納得いくまでとことん戦う人もいます。

この過失交渉が事故の当事者にとって一番ストレスになる部分ですが、任意保険に入っていれば、間に保険会社が入って交渉を進めてくれます。

逆に任意保険に入っていなければ、その間に入ってくれる人がいないので、そういった時の交渉を全て自分で行わなければならない必要があります。

事故を起こした時に自分が任意保険に入っていなければ、事故の相手からもかなり悪い印象を持たれます。自動車に乗る人は、最低限のマナーとして任意保険にも加入しておく事が重要だといえます。

 

任意保険の加入率は全体の7割

自動車保険

任意保険はドライバーさんを守る保険として非常に重要な物なのですが、残念ながら加入している人は全体の約7割です。

裏をかえせば、任意保険に加入していない人が3割はいる計算になります。

事故の相手が無保険車だった場合、個人でなかなかいきなり何十万、何百万といった費用を払える人は少ないので、本当に解決まで長い時間を要してしまいます。

 

自動車保険の加入義務化が進んでいる地域がある

自動車保険

そんな中、自動車保険への加入義務化が進んでいる地域があります。

これは自動車事故に限らず、近年自転車による事故が増えて来ていて、裁判で高額の賠償命令が下された事例が増えてきているからです。

 

なぜ自転車の補償なのに自動車保険なのか?

自動車保険

自転車の事故なのになぜ自動車保険なのかというと、自動車保険の特約(オプション)の中に、個人賠償責任特約というものが付けられるようになっているからです。

この個人賠償責任特約とは、日常生活の中で第三者にけがをさせてしまったり、第三者の物を壊してしまった時に補償される物です。

自転車で人をはねたことによる死亡事故も近年増えてきており、そんな時にこの個人賠償責任特約に加入していると、この特約から無制限で支払いをしてくれるので非常に助かります。

特約の保険料も毎月100円程度と安いので、自動車保険に加入して、さらにこの特約までつけていれば安心して車にも自転車にも乗ることができます。

 

弁護士の費用も保険会社が負担してくれる

自動車保険

自動車保険に加入した場合の特典として、もう一つ、弁護士費用を保険会社が支払ってくれるというものがあります。

これも特約になりますが、弁護士費用特約をつけておけば、法律相談や書類作成費用、弁護士費用を保険会社が支払ってくれた上で、交通事故に詳しい弁護士さんが間に入って交渉を進めてくれます。

保険会社同士で折り合いが付けば何よりですが、中には大きなトラブルになりそうな相手もいます。

そんな時は、弁護士さんを通して交渉すれば、お互い納得いくまでの道筋を弁護士さんが作ってくれるので非常に安心です。

 

まとめ

自動車保険

以上のように、自動車保険には強制保険の自賠責保険と、それだけではカバー出来ない部分を補ってくれる任意保険とがあります。

任意保険は、読んで字のごとく任意なので、絶対に入らなくてはいけないというものではありません。

しかし自賠責保険だけでは全ての事故をカバーできませんので、絶対に加入しておくべきでしょう。

自動車保険に入っていれば、万が一事故を起こした時にも示談交渉を保険会社がしてくれるので、ストレスなく事故解決に向けて進めてくれるので安心です。

また、近年自転車による事故も増えているので、個人賠償責任特約をプラス100円程度で付ける事で、自転車による事故で相手を死傷させてしまったときの賠償もカバーできます。

さらに弁護士費用特約も付けておくと、いざ相手との過失や慰謝料の金額で折り合いが合わないときに、間に弁護士さんが入ってくれるので安心です。

自動車保険

 


ライター名 :ぼよ
プロフィール:損害保険のプロ代理店の営業マンです。常日頃から様々なケースの事故対応をさせて頂いており、任意保険の重要性は、実際強く実感させられています。
この記事を読んで少しでも多くの人が任意保険の加入の重要性に気づいて頂き、任意保険への加入を意識してもらい、万が一の事故の際にはお互いがストレスなく、スムーズに示談成立まで行く事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です