保険のハートフル
スポンサードリンク


イーデザイン損保のメリット・デメリットを分析!三井ダイレクト損保と比較しました

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保を比較しました。

スポンサードリンク

イーデザイン損保も三井ダイレクト損保もダイレクト型の損保です。イーデザイン損保は東京海上グループ、三井ダイレクト損保はMS&ADインシュアランス・グループのダイレクト型損害保険会社です。

三井ダイレクトがインターネットの一括見積もりを通して業績を伸ばしました。対してイーデザイン損保は東京海上グループのブランド力で業績を伸ばしました。

イーデザイン損保は、トップページに実際いくらかかるかを触れています。つまり安心の事故解決力とポイントも書いているので、不安な点を解消してくれます。

自動車を運転することには常に事故の危険が付きまといます。

万一事故を起こしてしまうと被害者にとって肉体的、精神的な苦痛を与えてしまうことはもちろん、加害者側も今までの生活が音をたてて崩れ落ちるほどの深刻な状態に陥るケースも少なくありません。

日頃から安全運転を心掛けることは大原則ですが、事故の危険性は思わぬところに潜んでいるのが恐ろしい処です。

カーライフを安心して送るために必要不可欠なものが保険への加入ですが、手厚い保証を受けるためには高額の保険に加入する必要があり、経済的な負担が大きくなるのが悩ましいところです。

イーデザイン損保の自動車保険の特徴とは?

イーデザイン損保

イーデザイン損保の自動車保険には、その名前に示されるように、数ある補償から必要に応じて組み合わせ、保険を“デザイン”することが謳われています。

21世紀の多様なライフスタイルやカーライフにも合わせた自動車保険が選べることが特徴のひとつです。

東京海上グループが長年培ってきた経験と実績から信頼される東京海上日動のクオリティそのままをダイレクト型自動車保険へのせたというイメージです。

事故の相手にはどんな補償が?

最悪のケースですが、事故の相手を死傷させた場合、対人賠償責任保険、相手の車や建物などの所有物を破損、破壊したときには対人賠償責任保険が基本補償です。

それぞれで設定される保険金額は、現在、自動車保険の主流である「無制限」を設定できます。

多くの保険会社で準備しているオプションプラン、「対物超過修理費用特約」(相手の車の修理費や、保険会社が定める時価額を超えたときの補償とされる)これがイーデザイン損保でも適用可能です。

イーデザイン損保の自動車保険、車両保険の補償内容は?

イーデザイン損保

車両保険は、他社の自動車保険と同様の保障内容であり、一般型の車両保険に対しての保障と補償範囲を限定した「エコノミー」の2タイプがあります。

この、エコノミータイプという車両保険にあるのは、一般型の車両保険で補償の対象となる単独事故・当て逃げ・転覆・墜落の場合は補償が受けられません。

どちらの車両保険も、免責金額が0・5・10万円の3つから選べます。さらに、もし2回目の事故が起きても免責金額は、0・5・10万円の3つから選択することになります。

1回目も2回めも10万円の免責金額を設定した場合には最も保険料が安くなる仕組みを持っています。

では気になるイーデザイン損保の事故対応やロードサービスはどうでしょうか?東京海上日動が行っているサービスと同じクオリティであるということでとても安心です。

万が一の事故対応では、ドライバーも安心の24時間365日対応、ロードサービスも同じ対応です。ロードサービスは、事故時以外であっても突然の故障時のレッカー対応・ガス欠などに対応してくれます。故障相談や各種情報提供も行っているのも安心です。

イーデザイン損保のロードサービス拠点は全国9,300拠点に配置されていて、その数では保険業界屈指を誇っています。

イーデザイン損保で人気の自動車保険、気になる保険料は?

イーデザイン損保

イーデザイン損保の提供する自動車保険は、ダイレクト型(インターネット通販型・直販型)なので、保険料を代理店型自動車保険と比べても安く、お得と言えます。

ダイレクト型自動車保険各社は、補償内容が同じ場合は保険料も同様です。補償と特約の選び方によってはイーデザイン損保は合理的割安な保険料になるでしょう。

中でも「走った分だけ」の保険料設定が魅力です。インターネット申込での割引では、10,000円とダイレクト型自動車保険の中でも大きな割引金額が注目です。

イーデザイン損保はホームページからなら容易に見積もできるので、検討資料としても一度お試しになるといいでしょう。

イーデザイン損保の自動車保険でのメリット・デメリットとは?

イーデザイン損保

イーデザイン損保の公式ホームページ

https://www.edsp.co.jp/

イーデザイン損保の自動車保険は、自由に保険や補償の組合せをデザインすることが特長です。もひとつのメリットとしては保険料設定を走った分だけにできることもあげられます。

これは保険料としても非常に合理的と言える部分です。自動車の利用状況に応じた保険料を算定できるのは大いにメリットと考えられます。

東京海上日動として築き上げた実績と信頼はそのままイーデザイン損保にも反映されており、高い品質を維持していると言えます。

このことによる安心感、サービスに活かされる部分も大きなメリットのひとつです。

デメリットをあげるとすれば、イーデザイン損保として、ではなくダイレクト型自動車保険の特徴です。

契約申し込みを保険のプロ、営業担当者との対面での契約ではないことはデメリットになるでしょう。

ただし、加入を検討する際にしっかり確認したり、正しい認識をするために不明な点があればメールや電話で問合せすることで補うことは可能です。

自動車保険の新規加入の際に限らず、現在の契約も一度は見直して検討する必要があります。保険は見直すことが大切です。

イーデザイン損保の自動車保険は、比較的メリットも多いダイレクト型自動車保険と言えます。

車の購入を検討する際や免許を取得する際だけでなく、現在自動車保険を契約しているすべての方にとって良い再検討の材料になる自動車保険です。

三井ダイレクト損保の自動車保険の特徴とは?

三井ダイレクト損保の自動車保険はリーズナブルな点が注目されていますが、保証内容も充実していますので安心して利用できる保険だと言えます。

三井ダイレクト損保の自動車保険は対人賠償保険は無制限となります。また対物賠償保険や傷害保険や車両保険は選択することが可能となります。

同じ保証内容でも保険料は30代が最も安く、20代までの若いドライバーや40代、50代と年齢を重ねたドライバーは保険料が高めに設定されています。

年代別ライフスタイルが変わるために保証内容を見直すことも必要だと言えるでしょう。

三井ダイレクト損保の取り扱う保険商品は?

三井ダイレクト損保は個人向け自動車保険を取り扱う保険会社として創業されましたが、近年医療保険の取り扱いも開始しています。ここでは非常に多くのユーザーが利用する自動車関連の保険を紹介します。

三井ダイレクト損保が取り扱う自動車関連の保険は自動車保険、バイク保険、ドライバー保険の3つに大別できます。ライダー向けのバイク保険やマイカーを持たずレンタカーや友人知人名義の自動車を運転する機会が多いドライバー向けの保険がドライバー保険です。

マイカーを所有する方にとって必要となる保険は自動車保険となりますので三井ダイレクト損保の自動車保険について掘り下げて行きましょう。

自動車保険の種類や保険対象とは?

自動車保険の保証内容は事故で他人を死傷させた際や物を壊した際に適用される賠償保険、交通事故を起こした当事者や同乗者に適用される傷害保険、事故や災害、いたずらで車両がキズ付いた際や盗難の被害にあった際に適用される車両保険の3つの柱で構成されます。

傷害保険とは?

自動車同士の事故が発生した場合、交通事故を起こした当事者や同乗者も死傷するケースが少なくありません。ドライバーや同乗者に対して適用されるのが「人身傷害保険」、「搭乗者傷害保険」の2つの保険です。高額な医療費が必要となる可能性も考えられることから少なくとも3,000万円程度の補償を受けられるものを選ぶべきでしょう。

車両保険とは?

事故以外でも災害やいたずらでマイカーがキズ付いてしまうことも考えられます。被災した場合は同時に住まいの修理などが必要となることが予想されますから、マイカーの修理を補償してくれるのはありがたいですし、いたずらの場合は被害を受けて更にマイカーの修理費用を負担させられるのは腹立たしい限りですから保険の存在があれば非常に助かります。盗難被害を受けた場合も適応される保険があるのは心強いと言えるでしょう。

気になる三井ダイレクト損保の保険料は?

保険料は被保険者となるドライバーの年齢や保険等級、運転時に被保険者となる人数、保険対象となる車両や年間走行距離、主に運転する地域そして補償内容などの条件を踏まえて決定されます。同じ保証内容の自動車保険でも条件によって保険料が異なって来るので残念ながら一概に幾らと算定できるものではありません。

三井ダイレクト損保は保険料を安く設定していることもありますが、継続割引、セカンドカー割引。新車割引、ECO割引、ASV割引などの数多くの割引システムが充実しているのがお得な自動車保険を実現していると言えるでしょう。またインターネット契約を行うことで最大10,000円のインターネット割引や保険証券不要の「eサービス特約」を結ぶことで保険証券兼領収証の発行手数料の500円が割引されます。

三井ダイレクト損保の公式ホームページ

https://www.mitsui-direct.co.jp/

 


ライター名 :ぼよ
プロフィール:損害保険のプロ代理店の営業マンです。常日頃から様々なケースの事故対応をさせて頂いており、任意保険の重要性は、実際強く実感させられています。
この記事を読んで少しでも多くの人が任意保険の加入の重要性に気づいて頂き、任意保険への加入を意識してもらい、万が一の事故の際にはお互いがストレスなく、スムーズに示談成立まで行く事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です