保険のハートフル
スポンサードリンク


あいおいニッセイ同和損保の自動車保険について徹底解説!

あいおいニッセイ同和損保とは

スポンサードリンク

あいおいニッセイ同和損保とはMS&ADインシュアランスグループの傘下に入る損害保険会社です。

MS&ADインシュアランスグループは保険料収入が国内最大の損害保険会社であり、世界で見ても7位と、非常に規模の大きな組織であることが分かります。

母体がしっかりしているということで、保険金の支払い等については安心できますね。あいおいニッセイ同和損保は代理店型の保険会社で、代理店を介して契約を行います。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の概要

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は相手への賠償、怪我の補償、車の補償、その他保障やサポートで構成されています。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の対人賠償保険には「対人賠償責任保険」、「対人臨時費用特約」、「対歩行者等傷害特約」が付帯しています。

「対人賠償責任保険」は自賠責で支払われる保険金を超える補償が必要となったときのための保険金であり、どの保険会社でも保険金額が無制限、無制限の補償となっています。

「対人臨時費用特約」は葬儀や弔問の費用など一時的に費用が必要になった時のための保険金です。

「対歩行者等傷害特約」は歩行者または自転車が被害者の場合に、対人賠償責任保険で補償されない相手方の過失部分を含む損害金額を限度に支払われる保険金です。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の対人賠償保険のうち、後者2つは全ての保険に付帯しているというものではなく、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険のアピールポイントとなっています。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険のメリット

・補償範囲が広い

あいおいニッセイ同和損保は「運搬・搬送費用特約」が自動で付帯しており、24時間365日対応の事故対応とロードサービスを提供してくれます。

レッカーけん引に対しては30万円までの補償が受けられます。他の損害保険会社ではより厳しい制限がある場合が多いので、厳しい条件なく30万円までの補償をうけられるというのは安心ですね。

さらに、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険には「対人臨時費用特約」や「歩行者等障害特約」がついています。

「対人臨時費用特約」は意外とかさむことの多い付随費用をカバーしてくれるものですので、頼りになります。

「歩行者等障害特約」についても自動車に乗っているとどのようなトラブルを引き起こすかわかりませんので、「歩行者等障害特約」がついていると心強いですね。

また、車両限定タイプの保険を付けると自動で複数の特約がセットされます。例えば、「全損時諸費用特約」は自動車の全損や盗難の時に、保険金額の10%(ただし最高20万円)が支払われるというものです。

10%というと少額に思えるかもしれませんが、自動車は高額なものなので、全損時や盗難時に10%の補償を受けられるというのは心強いです。

・ほかの保険会社の商品にはない特徴がある

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険には自動車ユーザーに便利なアプリを提供しています。

サポNAVIというアプリで、ワンタッチで事故通報を行ったり、ドライブレコーダーを使った安全運転サポートを利用できたりできます。

・長期契約のメリットがある

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は3年契約になっています。自動車保険は毎年保険料率見直しが行われますが、3年契約であれば契約期間中は同じ利率が適用されます。

自動車事故を起こしてしまった時の保険料率上昇も契約更新までは回避することができます。また、契約更新は3年おきでよいので、煩雑な手続きを毎年行う必要がないというのもメリットといえます。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険デメリット

・保険料が高い

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は基本の補償が充実しているため、保険料が高くなりがちです。

また、代理店型の保険であるため、代理店を介さないダイレクト型の保険に比べて保険料が高くなります。

補償の充実を求める方であれば、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険がぴったりだといえますが、コストを抑えつつ必要最低限の補償をつけたいと考えている方には合わない保険だといえます。

・長期契約のデメリットがある

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は3年契約になっています。

保険料の見直しをし、ほかの自動車保険に乗り換えたいと思った場合、違約金が発生することはありませんが、代理店型の保険であることから解約の手続きが煩雑になっています。

また、中途解約で保険の等級が損になることもありますので、注意が必要です。常に自動車保険を乗り換えて、お得な保険を選ぼうと考えている方にはおすすめできない保険だといえます。

・評価が高くない

あいおいニッセイ同和損保の公式ホームページ

https://www.aioinissaydowa.co.jp/

インターネット上には数多くの自動車保険比較サイトがあります。すると、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は評価が高くない傾向にあります。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は充実したサービスを提供しているものの、保険料の高さがネックになるのでしょうか。

評価が高くないということは、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険に加入したのち、自分が何らかの不満を抱く可能性が高いということを表しています。

もちろん、契約時には補償内容や保険料に納得して契約するはずですが、あまり満足感が高くないのかもしれません。

本当にあいおいニッセイ同和損保の自動車保険が自分にあっている自動車保険なのか、しっかりリサーチを行ってからあいおいニッセイ同和損保の自動車保険の契約を決めることをおすすめします。

まとめ

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は補償が充実している自動車保険ですが、保険料の高さがネックになりやすいといえます。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険を契約してメリットが享受できる人、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険が合わない人というのはそれぞれのライフスタイルで分かれますので、自分にはどのような保険が必要なのか、しっかり見定めてください。


ライター名 :ぼよ
プロフィール:損害保険のプロ代理店の営業マンです。常日頃から様々なケースの事故対応をさせて頂いており、任意保険の重要性は、実際強く実感させられています。

この記事を読んで少しでも多くの人が任意保険の加入の重要性に気づいて頂き、任意保険への加入を意識してもらい、万が一の事故の際にはお互いがストレスなく、スムーズに示談成立まで行く事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です